慰安婦問題で“対立” 米国務長官“安保上障害となるべきではない” (14:20)

 アメリカのティラーソン国務長官は、日本と韓国の間で最終的な解決に向けて合意したはずの従軍慰安婦問題をめぐり、依然、対立が続く現状について、安全保障面の脅威に対応する上で障害になってはならないという考えを示した。

ホームページへ戻る
ニュース速報TOP
動画検索ムープラ
天気予報
【友達に教える】

お問い合わせ

サイトにニュース速報を設置しませんか?

(c)2006 j-walker News
all right reserved