米国家情報長官、北朝鮮への対応「決断の時迫っている」 (07:56)

 アメリカの情報機関を統括するコーツ国家情報長官は、北朝鮮の核・ミサイル開発のもたらす脅威について、「アメリカの存在に関わる問題」としたうえで、「どのように対応するのか決断する時は迫ってきている」との認識を示した。

ホームページへ戻る
ニュース速報TOP
動画検索ムープラ
天気予報
【友達に教える】

お問い合わせ

サイトにニュース速報を設置しませんか?

(c)2006 j-walker News
all right reserved